男性ホルモンのテストステロンを注入したら更年期障害の症状が緩和されました

注射は高額な為食生活や生活習慣の改善が大事

50歳をすぎ疲れやすく怒りっぽくなってクリニックへ定期的に男性ホルモンのテストステロンの注射をする注射は高額な為食生活や生活習慣の改善が大事

私自身も加齢によるホルモンバランスの乱れの問題もありましたが、食生活による原因も考えられたため、ホルモン注射を辞めたあとも、先程の生活習慣をキープできるようにしていきたいと考えています。
テストステロンは高額で、一回の注射で5000円から10000円程度かかることが多く、それだけで男性の更年期障害を改善させるためには最低でも5万円前後は必要になってしまいます。
私はそれだけのお金を持っていないので、継続利用することは避けて、テストステロンの注射と同時にストレスを溜めないようにしました。

男性ホルモンの減少によって筋肉量が低下していき、脂肪が増えるなどの問題がありますが、今回のようにクリニックに通ってホルモン注射をすることで改善することも出来ます。
私のように更年期障害を患っている方や、筋肉量を増やしたい方、男性らしくありたい方におすすめできるでしょう。
最近ではプライバシーに配慮したクリニックもあるので、気軽に相談して定期的に行きやすくなっています。