男性ホルモンのテストステロンを注入したら更年期障害の症状が緩和されました

定期的に男性ホルモンのテストステロンの注射をする

そのため、なるべくテストステロンの注射で男性の更年期障害を改善しようと考えるのではなく、食生活やストレスのかからない生活習慣に変えていくことが重要です。
私はこれまで肉体労働を続けていましたが、今回の更年期障害の問題を機に部署の異動を進言しました。
その後、問題なく部署の異動が叶い、体力を使用しない事務作業を行うことになったので、体や精神に加わるストレスは非常に少なくなったのです。
ストレスが加わらなくなっただけでも、更年期障害の症状が改善されましたが、それでも精神や体に負荷がかかると苦しくなることがあります。
私はこの状況をキープするためにも、日々の食生活からも改善しようと努力しました。
テストステロンの影響で筋肉量が増加していくことが医師から説明されたので、その効果を最大限に活かすためにも、高タンパクで低脂肪な食事に切り替えて筋肉量を元に戻すようにしたのです。
それだけでなく、入浴と睡眠をきちんと確保することで翌日に疲れが続かないように徹底しました。
男性ホルモンの注射を行って、3ヶ月後には以前のように男性の更年期障害の症状が顕著に見られなくなったので良かったです。
特に同じような部下のミスに対してそれほど厳しく叱責することが無くなったので、社内の人間関係の問題も改善され、組織全体で仕事がスムーズに行われるようになったのです。

50歳をすぎ疲れやすく怒りっぽくなってクリニックへ定期的に男性ホルモンのテストステロンの注射をする注射は高額な為食生活や生活習慣の改善が大事